光のデザイン | 超長期有料住宅・パッシブなエコ住宅の実現に向けて

冬場の日射の取り込みと夏場の日射の遮光、どのようにされていますか?

冬場は窓からの日射をできるだけ多く取り込んで暖かく過ごしたいものです。
しかし、窓を大きく取ると夜間の冷え込み・コールドドラフトや
結露などいやな問題も多くなります。
日照による明るさや日射による熱の取り込みをバランス良くできると良いですね。
窓の大きさや取付位置・高さにより明るさ感や空間の広がりも変化しますね。
Low-Eガラスやペアガラス、アルミや樹脂のサッシ素材を選ぶことで
ある程度、解決できることもありますがコストバランスも重要です。

住宅の間取りを考えるうえで朝から晩までの日射の動きをシミュレーションして
南側の部屋はもちろんのこと光の入りづらい北側の部屋を明るく暖かくすることなども
検討されてはいかがでしょうか?

弊社では計画段階の住宅をモデル化し冬至・夏至・春秋分での解析を行って
住宅の光環境の問題把握と開口部設定のご提案を行っております。

次は、風のデザインについて